ユーザビリティとは

インターネットが進んでいくにつれ、さまざまな言葉が世の中に出てくるようになりました。
その大半は横文字でカタカナですので、なかなかなじめない人もいるでしょう。
しかし、そういった状況下であっても、使い勝手を考えていかなければいけないのがITの世界です。
使ってくれる人が、安心して使うことができるような形をとらなければ、それはただの独りよがりになってしまいます。
これでは、世に中に出しても、何ら役には立ちません。
そこで、ユーザビリティということがさけばれるようになったのです。

ユーザビリティとは、簡単に言えば使い勝手を指しています。
正確には使いやすさということになりますが、どんなに高機能で優れたものであっても、使用するユーザが使うことができなければ意味がありません。
そこで、ユーザビリティということが重要になってくるのです。

たとえば、優れたものであってもストレスを感じるようなものであれば、効率は悪くなっていってしまいます。
できる限り労力を省こうと導入しても、工数が多くなるようなシステムでは、とてもユーザビリティが優れているとは言えません。
とても重要なことなのであり、ソフト的な部分だけではなく、ハードにも求められてきているのです。

その中で、視認性という問題があります。
デザインにおいて中心要素ともなる部分であり、操作上のストレスにも直結する大事な部分にもなってくるのです。
この視認性は、さまざまなことにも応用できる部分ですので、ユーザビリティということを含め、一度考えてみてはいかがでしょうか。

Copyright © 2014 ユーザビリティにおける視認性って何? All Rights Reserved.